エルドラド カジノ

次のページ 前のページ 目次へ

7. FAQ

7.1 私は winmodem を持っていますが Linux で動くでしょうか?

たぶんだめでしょう。前記の「どの Linmodem ハードウェアがサポートされて いますか?」のセクションをご覧ください。そして Linux モデムの互換性 (Linux Modem Compatibility)について Rob Clark のサイトdatabase をチェックしてください。

7.2 "device or resource busy" というエラーがでました。

7.3 fixscript または insmod で "unresolved symbols" になりました。

Unresolved symbol は、バージョン不一致の本物の脅威です。そして一般的に は悪いことにバイナリモジュールではほとんど避けられません。 fixscript が unresolved symbol と報告する場合、または unresolved symbol にもかかわらずモジュールが動作しないなら、そのカーネルとモジュールの組み 合わせは運が悪いのでしょう。しかし、以下のようなシンボルが含まれる、いく つかの共通なケースもあります。

モジュールの動作が不安定な場合、ある条件下ではそれらのシンボルにたまたま 当たらないでいる一方、別の条件下ではそれらにぶつかってしまうのでしょう。 同じような状況で異なる関数のセットをコールする別の ppp ダイアルアッププロ グラム (wvdial, kppp) を試してみてください。 また、LUCENT モジュール用に設計された fixscript も、あなたのモジュールで 使用されているシンボルを "fix" していない可能性があります。 動作する組み合わせが見つからない場合は、モジュールにより密接にバージョンが マッチするカーネルの「ダウンロード」を検討してください。

7.4 PCTel のモデムが動作しません。

7.5 モデムがダイヤルして接続できますが、コネクションが落ちます。

これは、よく寄せられる問題ですが解決策は少しあるか、またはありません。

  1. これは、モジュールは正常にインストールされていて動作しますが ppp の 設定に問題があるのでしょう。特に、ログに"peer is not authorized" と いうエラーがあるなら、/etc/ppp/options の中の "auth" を "noauth" に 変更し、かつ/または、"auth" と "lock" をコメントに (行の先頭に '#' を書く)してみて下さい。Corel には、これに関する FAQ があります。 //linux.corel.com/support/html/9314.htm
  2. あるカーネル/モジュールの不一致で、同じモジュールとハードウェアで wvdial ではこのエラーが出ないが、kppp のようなプログラム ではこのエラーが出るという報告があります。 他の ppp ダイアラを試してみるとよいかもしれません。
  3. 最後に、先に言及したサウンドのサポートとの関係の可能性があります。 カーネル内のサウンドサポートの有無で、ltmodem.o の機能を比較すると、 ダイアルインは OK ですが、サウンドサポートが無いカーネルでは ppp が できません。

    ほとんどの Linux ディストリビューションは、カーネルに一致したカーネル・コ ンフィグレーションファイルをおきます。Debian に関連するディストリビューシ ョンの場合、それは下記のファイルです。

      /boot/config-version
    
    実際的な選択は、下記ですぐに表示することができます。
      grep SOUND /boot/config-version |grep -v not
    
    2.2.17 バージョン固有の例を示します。

    # grep SOUND  /boot/config-2.2.17 |grep -v not
    CONFIG_SOUND=m
    CONFIG_SOUND_OSS=m
    CONFIG_SOUND_SB=m
    CONFIG_SOUND_MPU401=m
    CONFIG_SOUND_YM3812=m
    CONFIG_SOUND_VMIDI=m
    CONFIG_SOUND_YMPCI=m
    CONFIG_LOWLEVEL_SOUND=y
    

    CONFIG_SOUND=m または CONFIG_SOUND=yes のどちらでも、カーネルがサウンドを (シンプルなサウンド出力として)サポートしていることを表します。

    これらのヘルプが無いなら、モジュールに密接なカーネルバージョンを使うことを 考えた方が良いかもしれません。さもなければ、 Linmodems.org のメーリングリストで質問して下さい。

7.6 コネクションを閉じるか、ドライバをアンロードするとカーネル・パニック が起きます。

これの解決法は 2 つあります。下記の何れかで動くでしょう。

7.7 何も動いていないようにみえます。誰に助けを求めればよいでしょう?

全くわからないようであれば、以下の「トラブルシューティング」の項を見て ください。そして Linmodems.org に書いてあるように完全な情報を添えてメーリングリストにメッセージを送る ことを考えてください。

7.8 winmodem のドライバは誰が書いたのですか。彼(女)と連絡をとるには どうすればよいですか?

たぶん、メーカの誰かに連絡をとっても、その人はたぶんソースコードをアップ デート/リリース/変更する権限を持たないでしょう。そして、いずれにせよ、 その人はたぶんあなたの電子メールに返事を出すことはないでしょう。 例えば //lwn.net/1999/1209/a/lucent.html を見てください。


次のページ 前のページ 目次へ